青汁が便秘と美肌に効く?内から綺麗にするのが近道です。


私が美肌にこだわるようになったのは、20代後半からと遅いスタートで、若さだけに頼ることが出来なくなったから、渋々重い腰を上げた、というのが正直なところでした。

しかし、一口に美肌と言っても、何から始めていいのか分からず、最初はドラッグストアに置いてある、「人気ナンバーワンコスメ」の文字が躍る美容液、化粧水や、友達に勧められた美白効果のあるせっけん等、美肌に効果のありそうな物を、買い集めては、顔を洗ったり塗りたくったりして「肌に気を遣っている自分」に酔っているという感じでした。

しばらくは、そのような化粧水、美容液など化粧品の分野で事足りていたのですが、これには一つ難点がありました。

スポンサードリンク

それは、便秘時の肌荒れや、生理前後に現れる吹き出物等、内側からムクムクと沸き起こる症状に対処出来ないという点。

やはり化粧水等は、肌に浸透させるとは言っても、身体の奥深くまでは届かないということに、やっと気付いた私は、ここで内から綺麗にするものを模索するようになりました。

当時、私は出産したばかりで、妊娠中に何度か試した葉酸のサプリメントがいくつか余っていたので、先ずはそれを試してみることに。

スポンサードリンク

しかし、これは錠剤タイプのもので、薬を飲まされているような気分になり、三日坊主で終わりました。

同じように、コンビニなどに置いてある小袋タイプのサプリメントも、三日坊主で終わるため、錠剤タイプは避けて、顆粒タイプのものに絞って試してみることにしました。

元来、便秘症の為、便秘に効果がありそうな、漢方薬をドラッグストアで見つけ、それをお湯に溶いて飲んでみましたが、口当たりが悪く、こちらは却下。

次に、抹茶の入った青汁。

こちらは、牛乳に溶いたり、ヨーグルトに混ぜても良いと書いてあったので、牛乳に混ぜて飲んでみたところ、抹茶オーレを飲んでいるような感じで、とても飲みやすく、朝ごはん代わりにもなったので、ひとまずこれを続けてみることにしました。

私が購入した青汁の中には、大麦若葉が主成分として入っていて、この大麦若葉には、食物繊維がたくさん含まれており、頑固な便秘にも効果を発揮するようで、これを飲むようになって、毎日の便通が可能になりました。

また、抹茶が入っているというところも良かったようで、抹茶に含まれるビタミンCが肌整え、生理前後の吹き出物にも効果を発揮してくれるようになりました。

おかげで、美肌を実現することができ、もうすぐ飲み始めて2年になります。

内側から綺麗にして、美肌に導いてくれる青汁は、立派なサプリメントの1つだと思います。

スポンサードリンク

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です