プラセンタサプリの選び方は?見るべきポイントはここです!

20160316
プラセンタには美白、ニキビ改善、更年期障害の緩和などさまざまな働きがあります。

プラセンタを手軽に摂れる商品にプラセンタサプリがあります。

プラセンタの効果は続けることで実感できます。

スポンサードリンク

ドリンクに比べてサプリメントは低価格なので続けやすいです。

通販などでさまざまなプラセンタサプリメントが販売されていて、どれを選んだらいいか迷いませんか。

どのように選べばいいのでしょうか。

プラセンタとは胎盤のことで、サプリメントには馬や豚の胎盤が使用されています。

口にするものなので衛生面に気をつけましょう。

まず大切なのはきちんと殺菌されていることです。

ウイルスが残存しないようにどのような処理がされているのか確認しましょう。

馬や豚の飼育方法にも着目してみましょう。

SPF豚は特定の病原菌を持っていない豚のことで、厳格に管理されて飼育されているので安心できます。

馬は体温が高いので病原菌に感染しにくい特徴があります。

サラブレッドは血統が発揮しており、エサや飼育方法も管理されているので安心できます。

スポンサードリンク

どのような方法で抽出されているのかも品質に影響します。

高温を加えて抽出されると、プラセンタに含まれる成分が壊れてしまう可能性があります。

凍結酵素抽出法や酵素分解法は高品質なプラセンタを得られる抽出方法です。

コストがかかるので製品の値段に反映されます。

プラセンタの効果を実感するには配合量も大切です。

できるだけ配合量が多いほど効果が期待できます。

配合量を確認するときに気をつけたいのが、原液表示か原末表示かということです。

プラセンタの配合量の記載方法は統一されていないため、数字だけでは判断が難しいです。

エキスを抽出して殺菌処理したものが原液、原液から水分を取り除いたものが原末です。

たとえば、原液10000mgを50倍濃縮させて原末にすると200mgになります。

原液で表示した方が数字は大きくなりますが、原末と配合量が変わらなかったり、原末よりも少なくなることもあります。

表示の方法を統一しないと比較することはできないので、原末の場合は何mgなのかメーカーに問い合わせてみるとよいでしょう。

粉末が機械につまらないようにするなど、製品を製造するためにどうしても添加物が必要ですが、添加物はできるだけ少ない方がよいです。

添加物は体への影響が心配されるだけでなく、添加物ばかりでプラセンタの配合量が少なくなってしまいます。

製品の原料を見て確認しましょう。

スポンサードリンク

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です