プラセンタ注射とサプリの違いとは何か?効果とデメリットとは


近年非常に注目を集めている美容効果のある成分に、プラセンタというものがあります。

このプラセンタは胎盤から作られるもので、成長因子に働きかけアンチエイジング効果などが期待できるため、老化防止や美容のために使用している人が非常に増えている人気の成分です。

このプラセンタは一般的にはサプリメントで摂取することが多いのですが、サプリメント以外にもプラセンタ注射という直接注射で体内に取り込む方法もあります。

スポンサードリンク

どちらの場合も同じプラセンタを使用しているわけですが、一体どこに違いがあるのでしょうか。

まずプラセンタ注射の場合、サプリメントとは異なり体内に直接プラセンタを注入することになるため、その効果を最大限に利用することが可能になります。

プラセンタ注射の場合は皮下注射、ツボ注射、筋肉注射が一般的に行われている方法で、注射をすることにより女性特有の更年期障害や冷え性などにも効果があります。

もちろんアンチエイジング効果で美肌効果もありますので、プラセンタ注射を使用することで即効性があり尚且つ老化なども防止出来るため非常に便利なアンチエイジング方法と言えます。

スポンサードリンク

基本的には副作用などもほとんどなく、安全で安心して使用できますが、プラセンタ注射を行なった場合には献血を出来なくなるというデメリットもあります。

献血してもらうことは可能なのですが、自分の血を他人に分け与えることはプラセンタ注射を行なった時点で一切できなくなります。

これはプラセンタが胎盤から作られているため、それを取り込んだ人の血液を他人に与えるリスクを100%否定できないためで、少しでもリスクがあると判断されてしまうため、プラセンタ注射を行うとその後は献血は出来なくなってしまうわけです。

プラセンタサプリメントに関してはプラセンタ注射とは違い献血に関しては何の問題も無く献血できますので、直接体に取り込むのか、サプリメントで取り込むのかで大きく扱いが異なることになるわけです。

サプリメントの場合は胃や腸からプラセンタを吸収する為、注射に比べるとプラセンタの効果が弱い、薄いという場合もありますが、献血などのことを考えた場合にはサプリメントを使用するほうが良いですし、サプリメントでも十分にプラセンタの効果が得られますので、無理に注射に拘る必要もないと言えます。

サプリメントの場合は継続的に摂取すればプラセンタの効果が期待できますので、即効性はないですが安心して使用できるのはサプリメントだと言えるでしょう。

スポンサードリンク

応援クリックお願いします!
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です